ゴルフの第一打は、高い確率でドライバーを使うことが多いはずですよね。 第一打の出来で、そのコースでのスコアが左右されると言っても過言ではないでしょう。 では、そのポイントを説明します。 ・ティアップ ・構え ・スイング この3つがポイントになります。 まず、ティアップですが、ただ突き刺せばいいというものではないんです。 目安としては、ボールがドライバーの上部にぶつかる高さにティを刺します。 右利きの方は左足の前方に刺して下さいね。 次に、構えとはいえ、目的方向に向かって両肩、両膝が平行になるように構えます。 グリップは絶対に強く握らないでみてはいかがでしょうか。 少し緩ませる事で、ドライバーがボールにぶつかった瞬間にぐっと力が入り、これが飛距離につながるなんですよ。 お終いに、スイングですが、この時に大切なのが腕力で飛ばそうとしないことです。 ボール(野球やテニス、ゴルフ、卓球など、スポーツによっては、個人練習の時でもたくさんの?があった方がいいこともあります)を遠くに飛ばしたい場合には、体全体で飛ばす事をイメージして下さいね。 また、インパクトの瞬間からフォローまでは左脇は開けないというのも重要です。 それに、大きく振りぬくイメージを持つ事も重要になりますー